湯河原の温泉

湯河原の温泉

古来より名湯と言われている湯河原温泉は、泉質は弱食塩泉・弱アルカリ性で、肌にやさしく、湯冷めをしないという特徴があり、切り傷、打撲、外傷、神経痛、腰痛、婦人病などに大きな効能があるといわれています。

 

湯河原温泉の泉質

泉 質 ナトリウムー塩化物・硫酸塩泉(弱アルカリ性 低張性 高温泉)
源泉温度 60~90度
無色透明
におい 無臭
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症
禁忌症 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)

 

 

 

 

 

湯河原温泉の日帰り入浴

足湯 : 独歩の湯 64-2326
こごめの湯 63-6944
ゆとろ嵯峨沢の湯 62-2688
源泉かけ流し 大観荘
:事前連絡が必要
62-3785

(電話の市外局番は0465です。)

 

温泉の説明会

『源泉井戸端快議(大観荘主催)』は、源泉井戸の仕組みや温泉について、面白おかしく説明してくれます。毎日16:00から開催。

源泉かけ流し 大観荘
:事前連絡が必要
62-3785

(電話の市外局番は0465です。)

 

湯かけ祭り

熊野神社春の大祭にあたる5月第四土曜日に開催されます。

お湯に対する感謝の気持ちが込められているという「湯かけ祭り」は、お神輿に観客が温泉を掛けるという独特なお祭りです。

(湯河原温泉観光協会 0465-64-1234)

 

 

マガーリ

Itou Design